安全でクリーンなエネルギーの創出(太陽光発電事業をベースに)、CO2を排出せず、豊かで快適な、社会インフラの構築事業を推進します。

一般社団法人 スマートエネルギー推進協議会

協議会の設立主旨

安全でクリーンなエネルギーの創出(太陽光発電事業をベースに)、CO2を排出せず、 豊かで快適な社会インフラの構築事業を推進。一方、エネルギー消費量は年々増大を続けており、省エネルギー推進の更なる浸透による消費面での最大効率化が要求されています。

特に、スマートコミュニティをはじめ、クリーンエネルギー創出・省エネルギー技術に基づく、インフラシステム構築と普及・浸透事業及びそれを支える人材育成事業等が本協議会の中心事業として位置づけられます。

エネルギー供給の安定化や低炭素化、省エネといった「環境・エネルギー」分野は、経済に係わる複数の目的を同時に達成する可能性を内包しているものです。

クリーンエネルギー、省エネルギー及びそれらを組み合わせたスマート・コミュニティ社会の構築は、大量のクリーンエネルギーを安定的に受け入れるとともに、節電やピークカットを行うために、ITと蓄電池等技術を活用し、従来、コントロールを行うことが困難であった需要サイドを含め、地域におけるエネルギー管理を可能とする分散型システム(地域スマートコミュニティの形成)によって、成し得るものと考えてお ります。

その為には、地域におけるクリーンエネルギー供給可能量の想定やエネルギー起源の温室効果ガスの排出量削減への寄与等、我が国エネルギー政策と絶えず連動する活動であることが望まれます。

お知らせ

このページのTOPへ▲